2010年1月1日金曜日

海外版遊戯王の基礎知識 アジア版について


収録内容は遊戯王TCGにおける同ブースターと全く同じです
かつて日本を含むアジア圏にて発売されていた英語表記の遊戯王OCGです。
当時は需要も然程伸びず、EOJを最後に生産が終了してしまいました。

デッキを極力アジア版で固めることを美徳とする決闘者も多数
国産なので、同じ英語版カードのTCGよりも遥かに質が高いのが特徴。
時が経つに連れ希少価値も上がり、ブランドアイテムと化しました。
故に一部の決闘者の間では需要が高まる一方です。

アジア版にはLOB以外UNLが存在しません
アジア版を見分けるポイントとして分かり易いのが裏面。
右下のロゴがTCGのそれと異なります。

DCR以前のカードは基本的に裏面でしか区別できません
IOC以降のカードであれば、カード番号の国名コードも見分けるポイント。
「AE」と表記されています。

一度は実物を手にして頂きたい
質の面で分り易いのはアルティメットレアのクオリティ。
差は明らかで、アジア版はTCGのそれよりも彫りが深く、輝いて見えます。

通称亜レリとも呼ばれ、一部のマニア間で絶大な人気を誇ります。

最早資産
実用性の高い亜レリともなれば、
TCGにおける同レアリティの同一カードよりも遥かに高い相場で取引されます。

準優勝カードのレプリカも欲しいです
冒頭で生産終了と述べましたが、
実は日本代表選考会参加賞で未だ現役です。

世界大会の賞品はEN表記のTCGなので、
レプリカのみがアジア版になります。

確かにAE表記
「いや生産終了ってCRMSやRGBTのアジア版を見たことあるけど。」

という疑問を持った方もいらっしゃるかと思います。
早速実物を見ていきましょう。

この時点で別物であることがお分かり頂けるかと
まず裏面が前述と異なりTCG仕様になっています。

日本では売っていないのにOCG事務局の電話番号
こちらが問題のブースターパック。
表面にYu-Gi-Oh! TRADING CARD GAMEと表記されていますが、
裏面には日本語とOCGの文字も確認できます。
一体どっちなのか。

通称韓亜版
ということです。
従来のアジア版とは異なります。

CRMS RGBT SDSCのみ存在するとのこと
質はTCGレベルそのものなので、
かつてのアジア版のような高級感もありません。

この1枚しか所有していないため同じ画像となります。ご了承下さい。
にも関わらずやはり高価で取引されている韓亜版。
何故か。その背景にはやはりレアリティが付きまといます。

韓亜版のレアリティ設定は北米版や欧州版と異なり、
“OCGと同じ”なのが特徴です。

この1枚しか所有していないため同じ画像となります。ご了承下さい。
つまり北米版にてノーマルで収録された英語表記のシロッコは
韓亜版ではスーパーレア据え置きであり、
カルートやトラップスタンもレアのままとなるわけです。
英語表記で高レアリティ仕様のカードが手に入る、
これが主な人気の理由でしょう。

アジア圏の主流は日本語版なので、韓亜版の生産量が少ないのは事実なのですが
ところがアーマード・ウィングやアームズ・ウィングなど
OCGとTCGのレアリティが変わらないカードでも、
北米版より高値で取引される傾向も何故かあるのですが。
AEブランド恐るべし。